ささえりあ井芹

2018年09月25日

城西校区の防災訓練IN石神山に参加してきました

みなさんこんにちは ささえりあ井芹です

9月23日(日)午前9時半から石神山公園で城西校区合同防災訓練が実施されました。
当日の天気は曇りまぶしい日差しも無く絶好の訓練日和でした。城西校区には、全町内に自主防災クラブが結成されています。
未曾有に発生する災害に対応するため、日頃から住民参加型の訓練を行い防災の意識を高めている校区です。
そのひとつが、毎年行われる合同防災訓練です。
今回は、子供から大人まで地域住民の方々、役員関係者、来賓の方や消防、行政、社協・・・と総勢約500名の参加がありました。

DSC03216
第1部は開始式・・・・町内ごとに分かれて石神山公園に集まり、参加者、要援護者、安否の確認等を山崎本部長に報告されていました。

第2部は熊本市西消防署島崎出張所の消防士による救急時の救命処置を、模型を使って実演されました。
”私たち消防士でも、一人で命を救うことはできない。まずは誰か人を呼ぶこと、それが命を助けることに繋がる一番の行動です”心に残った言葉でした
DSC03224

次に防火訓練消防士が水消火器を使って消火のお手本を示されました。
DSC03248

最後に熊本市消防団第39分団の方による放水訓練がありました。、消防車がため池からくみ上げた水を分団の方が、目標に向かって勢いよく放水する。白いホースの先から見事なラインを描いておちていく・・・この分団の方々のきびきびした動作に日々の生活を守られている安心感を感じました。
いつもありがとうございます

DSC03232
防災訓練といえば、楽しみなのが民児協はじめボランティアの方々の炊き出し訓練による被災食の試食
テントの下では、出来上がったばかりの炊き込みご飯(被災米)のいい匂いが

DSC03240
今年は、500食準備されたそうです。自治会が用意したさば缶と合わせて、ご馳走になります

DSC03252
担当校区の合同防災訓練に参加して、自らの防災意識も高まった貴重な1日となりました
皆さま、お疲れさまでした。そして、お世話になります



seijino_kaigo at 14:49|Permalink

池田校区で2ヵ所目の○○がいよいよ発動~!

こんにちはささえりあ井芹です
8月21日がビックイベントデイになりました
なんと池田校区で、2ヵ所目となるくまもと元気くらぶが立ち上がったのです
その名も・・・・・6-2町内の富尾ハツラツくらぶです
代表者の方や自治会役員の方々が、手を取り合ってようやく発動した富尾ハツラツくらぶ
これまでの流れを振り返りたいと思います

DSC02474

8月1日、開催場所となる富尾公民館へお邪魔しました

この日は月に1回の定例会
ささえりあ井芹と青磁野リハビリテーション病院リハビリスタッフの説明をみなさん真剣に聞いておられました

DSC03084

8月21日初日は桜が丘病院体育館で体力測定の日
桜が丘病院リハビリスタッフの方も協力してくれました
・問診
・身長、体重測定
・血圧測定
・握力測定
・片足立ち
・TUGテスト(転倒・骨折リスクはどの程度か測定)
・5m歩行

  • DSC03092

    やってみるとなかなか難しいんですよね

    DSC03104

    体力測定の後は
    みなさん、今日から始める「いきいき百歳体操」
    両腕や両足首に500gの重りを装着して負荷を掛けます。これが、後でじわじわと効いてくるんですそれでもみなさん、スゴイ頑張っておられました。どうぞ筋肉痛になりませんように

    DSC03098

    最後は深呼吸で終了~
    みなさん初日、お疲れ様でした

    DSC03145

    体力測定から2週間後・・・
    桜が丘病院リハビリスタッフから、測定された方一人ひとりに優しくアドバイス
    みなさんこれから目標を持って富尾ハツラツくらぶに参加されるそうです

    代表者の方をはじめ、参加者の方あっての富尾ハツラツくらぶ
    週に1回、火曜日はみなさんが笑顔を交換する明るい場所になりますように、ささえりあ井芹はこれからも富尾ハツラツくらぶを応援していきます。



  • seijino_kaigo at 14:49|Permalink

    2018年09月06日

    第42回空間懇(くうかんこん)を開催しました!

    こんにちはささえりあ井芹です
    今回は8月21日に通算42回目の空間懇と、納涼懇話会をメルパルク・KUMAMOTOで開催しましたので、その内容をお伝えしたいと思います。

    001

    今回は42事業所、計70名の方にご出席いただきました


    DSCN5832
    まず、「パナソニックエイジフリー上熊本」の脇坂課長より、『RUN TOMO<伴>2018 HOKKAIDO to OKINAWA』についての報告をいただきました。
    RUN伴は、全国すべてのまちが、認知症になっても安心して暮らせる地域になることを目指して、認知症の人と一緒に行うタスキリレーです。熊本エリアは11月9日(金)に錦町をスタートし、3日間かけて熊本市内~各市町村を経由される予定です。

    DSCN5836
    次に「熊本市社会福祉協議会西区事務所」の馬場主事より、『西日本豪雨における災害ボランティア派遣』についての報告をいただきました
    社会福祉協議会でのボランティアセンターの機能や、広島県三原市における被害状況及等を、現地の写真もふんだんに使用され、とてもわかりやすく説明いただきました。
    災害においての日ごろの備えや、ボランティア活動の重要性を学ぶことができました。

    DSCN5845

    休憩を挟んだあと恒例の納涼懇親会を開催し、とても盛り上がりました



    seijino_kaigo at 16:45|Permalink

    2018年08月09日

    自立支援型地域ケア会議を開催しました!

    ささえりあ井芹です
    7月25日に第1回目の自立支援型地域ケア会議を開催しました
    この会議は、地域のケアマネージャーから事例を提供していただき、その事例を検討する事により自立支援・重度化防止についての学びを深める事を目的としています

    会議には、看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士等、多職種の方に助言者として出席していただき、事例のマネジメントについて各職種から助言を受ける事で、ケアマネージャーが自立支援・重度化防止をより意識した高齢者の支援を行えるようにスキルアップを図ります。

    DSC02942
    当日は、地域の事業所に勤務する看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、歯科衛生士、また保険者の立場から、西区役所の保健師にも出席いただきました

    また、会議は公開となっており、専門職の方は誰でも会議を傍聴できます。
    ポイントは、事例を提供したケアマネージャーだけではなく、助言者、会議を傍聴する専門職等、全ての参加者の学びの場としている事です。

    この会議は、今年度は6回、来年以降は毎月開催していく予定です。
    地域包括ケアシステム構築のための一つのツールとして、この会議が有効に機能するように大切に育てていきたいと思います。地域の専門職の皆様、ご都合がつけば是非会議にご参加ください

    DSC02945
    多くの専門職の皆様にも傍聴に来ていただきました



    seijino_kaigo at 18:04|Permalink

    2018年07月24日

    ボランティア養成講座開催中です!

    こんにちはささえりあ井芹です

    法人の地域医療福祉センターと共催で、今年度もファイン介護塾
    開催しています。
    今回は「地域支えあいボランティア養成講座」として5回シリーズで行っ
    ていきます。目的は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができ
    るよう、支援の必要な高齢者や地域福祉への理解を深め、住民同士で
    支えあいの活動に参加するボランティアの輪を広げていきたいと考えて
    おります
    第1回目は7月21日(土)に「認知症サポーター養成講座」を開催し認知症
    疾患の学習と接し方の実際を学んでいただきました。
    講師は、キャラバンメイト初デビューのささえりあ井芹職員の岡田が
    担当させていただきました。
    毎年参加して下さる顔馴染みの方や、高校生、民生委員さん、校区外の
    住民の方などさまざまな方に参加していただき、わかりやすかった
    かなりの好評でした
    認知症サポーター

    講義の後は、「頭の体操」にも取り組んでもらい、高齢者住宅ファインテ
    ラスせいじのの池田より指導をさせていただきました。頭と体を同
    時に使うので意外と難しい動きもあり、参加者の方は四苦八苦しなが
    らも笑顔に包まれ和やかな雰囲気の中楽しまれていました
    DSC02917

    その後は、美味しいと大好評の手作りお菓子とお茶で、カフェタイム
    第1回目の開催で参加者の方は初顔合わせでしたが、話が弾んでおられました。
    DSC02930

    次回は8月18日(土)「高齢者疑似体験」を予定しております。
    まだまだ参加人数に余裕がありますので、興味のある方はご参加
    ください。お待ちしております






    seijino_kaigo at 16:22|Permalink