ささえりあ井芹

2021年03月20日

活用しましょう!『成年後見制度』

こんにちは。ささえりあ井芹です
いよいよ今年度も終わろうとしていますが、次年度は新型コロナウイルス感染症が終息に向かうように願うばかりです

さて今回は成年後見制度』についてご紹介させていただきます。
『成年後見制度』とは、認知症・知的障害・精神障害などによって判断能力が十分ではない方を法律的に支援する制度です。
判断能力が十分ではない方がたとえば、「家を売りたい」「福祉サービスを受けたい」「遺産分割をしたい」など、自分自身でするには不安、一人ではできない、といった場合に『成年後見人等』がサポートしてくれます

2プレゼンテーション1

成年後見制度の種類は、任意後見制度法定後見制度があります。
『任意後見制度』とは・・・
 ご本人が十分な判断能力があるうちに、あらかじめご本人が選んだ人(任意後見人)に代わりにしてもらいたいことを契約(任意後見契約)で決めておく制度です。
『法定後見制度』とは・・・
 ご本人の判断能力が不十分になった後、家庭裁判所によって、成年後見人等が選ばれる制度。判断能力に応じて「補助」「保佐」「後見」の3つの制度が用意されています。

プレゼンテーション1


申し立ての窓口は、ご本人の住所地を管轄する家庭裁判所です。
・申し立てをすることができる方は、ご本人、配偶者、四親等内の親族(孫、兄弟、叔父、甥姪など)です。申し立てできず、やむを得ない場合は市町村長が申し立てることもできます。

費用については、申し立て費用、医師による鑑定料、成年後見人等への報酬などがかかります。(詳しくは家庭裁判所へお尋ねください。)

プレゼンテーション1

令和元(2019)年における熊本市の認知症高齢者は約2万3千人で、高齢者(65歳以上)の約12%です
今後、ますます判断能力不十分な方々の増加が推測されており、熊本市でも成年後見制度の理解と普及への取り組みを強化しています。

成年後見制度の利用や申し立てについての疑問・質問のある方は、お住まいの地域包括支援センター(ささえりあ)へお気軽にお尋ねください。

これからも安心して暮らしていくために、ぜひ制度の利用を考えてみましょう



seijino_kaigo at 10:15|Permalink

2021年02月06日

取り組んでます! リモート会議

 こんにちは、ささえりあ井芹です(*・ω・)ノ。

 だんだん暖かくなり、花粉も絶賛飛散中ですね   いかがお過ごしでしょうか?
 今回はコロナ禍において注目を浴びてきたリモート会議について紹介させて頂きます。


 新型コロナウイルス感染対策の為、三密を避けた会議形式として、複数の遠隔地から参加できるリモート会議が活用されるようになってきました。

① 必要なものは?
 リモート会議をには、インターネット回線が必須です
映像を送信する為のカメラ搭載のパソコン『ZOOM』、または『Teams』などアプリケーションを使用します。


スライド1


② 何ができるの?
会議中にもパソコン上で参考資料の動画などの情報共有もできます。
あらかじめ会議参加者は指定して、セキュリティ対策もバッチリ
会議内容が第三者に漏れることはありません


スライド2


③ 会議の他、どんな用途がある?
 会議以外にも、授業やTVのリモート出演、オンライン診療でも導入されてます
使ったことは無くとも、見たことがある方は多いのではないでしょうか?
 

ささえりあ井芹においても、行政や関係機関との自立支援型地域ケア会議や、様々な研修参加の場面で利用しています

スライド3


 テレワークにも活用されていますので、今後の働き方改革にも期待できますね
 この仕組みを地域活動にも取り入れていくことができたら良いなあ・・・と試案している日々です



seijino_kaigo at 16:12|PermalinkComments(0)

2021年01月21日

取り組もう!オーラルケア

こんにちは。ささえりあ井芹です!
まだまだ寒さが続きますね。寒さやコロナウイルスに負けないように、皆さん、体力・免疫力アップを心がけていますか?

ささえりあから、生活不活発病予防対策第2弾として、「くまもと笑顔でよかよか体操」のカレンダーをご紹介します!
このカレンダーは熊本県(健康福祉部)が作成されたもので、生活不活発病予防のために身体・認知・口腔機能体操について、ばってん城次さんがわかりやすく、そしておもしろおかしく説明しています。
20210121113613-0001

生活不活発病予防として、前回は身体機能・認知機能についてご紹介しましたので、今回は口腔機能についてお伝えします。
最近、テレビでもオラールケアなどの言葉を耳にしたり、口腔ケアの重要性が取り上げられていますよね。

まず「オーラルフレイル」とは何か?ということで、専門家の 介護老人保健施設 青翔苑・歯科衛生士の梅田さんに教えていただきました。
オーラルフレイルとはお口の機能が衰えることを指し、早期の重要な老化のサインです。 
軽いむせ、噛みにくさ、食べこぼしなどの症状が現れ、噛む力が衰えると、柔らかい物ばかり食べるようになり、ますます噛む力が衰えるといった悪循環に陥ります。さらに誤嚥性肺炎・食欲の低下、全身の機能低下(筋力低下や低栄養など)に繋がるため、早期の段階で予防することが大切です。

やはり口腔機能を保つことはとても大切なことなんですね!
皆さんで、オーラルフレイルを予防するために口腔機能体操に取り組んでみましょう

①くちびるの体操 毎食前に10セット 行ってみてください 
スライド1 
②唾液腺マッサージ
(耳下腺マッサージ10回・顎下腺マッサージ5秒×3回・舌下腺5秒×3回)
                                                                    

スライド2

熊本県のYOUTUBEチャンネルでも動画視聴することができますよ



コロナの影響で会話や口を動かすことが減っている今、口腔機能体操で口をしっかり動かすことが大切ですね!

カレンダーの中身は他にもおもしろい体操がたくさん紹介されていますので、家族やお友達と一緒に、ソーシャルディスタンスを取りながら行ってみてはいかがでしょうか。
カレンダーが欲しいという方は是非ささえりあ井芹までお問い合わせください。数に限りがありますので、お早目に!







seijino_kaigo at 15:15|Permalink

2020年12月14日

今年も開催♪ 認知症サポーター養成講座 IN 千原台高校

こんにちは!ささえりあ井芹です

早いもので、もう年末ですね。今年は例年とは違い、静かでも慌しい年でしたね
地域の方々や関係機関の方々に大変お世話になりました

さて、12月にささえりあでは、毎年恒例の『認知症サポーター養成講座 IN 千原台高校』を開催しました


認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、認知症の方やご家族を温かく見守り応援する人のことを言います


千原台高校2年生の家庭科の授業にお邪魔して、各クラス 計5回にわたり講義してきました



IMG_0409_02


今迄は①講義、②寸劇&生徒さんによるグループワーク という2時限単位で行っていましたが、
今年は新型コロナウイルス感染予防の観点から、講義とDVD視聴と説明の1時限 縮小バージョンとなりました




DSC06479_02

慣れない講師陣でしたが、生徒さんの熱心な受講姿勢に感激
認知症に関する具体的な病状や対応方法、専門職の関わりを学んでいただきました



IMG_0419_02



例年とは進行が違うため、資料配布やセッティングでスタッフが戸惑う面もありましたが、生徒さんが積極的に準備を手伝っていただき、とても頼もしかったです

ささえりあは今後も、認知症の方の生活を見守り応援することができる優しい地域を目指して、この活動を続けていきます

来年もどうぞよろしくお願いいたします



seijino_kaigo at 10:37|PermalinkComments(0)

2020年10月16日

生活不活発病にはならないぞ!!

こんにちは。ささえりあ井芹です。

皆さん、元気に過ごされていますか?マスク着用が通常となり、ソーシャルディスタンスをとるなどWITHコロナの新生活様式が定着してきましたね。

今回ささえりあ井芹では、コロナウイルスによる影響で、外出自粛が続き、生活不活発病に陥りやすい状況を予防するための介護予防特集号を作成しました。生活不活発病を予防できるポイントをまとめましたのでお伝えしま~す


スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

家事や運動を毎日続けることが大切なため、目安となるように、生活不活発病予防チェックシートを作成しています。必要な方はささえりあ井芹までお越し下さい!
今後も、冬の感染予防に向けて、抵抗力をアップさせるためにも、食事・運動・睡眠をしっかりとっていきましょう。役立つ情報があれば、今後も発信していきます



seijino_kaigo at 11:48|Permalink